Skip to main content

霊の侵されない機能

『キリスト教科学さきがけ』2018年04月 3日号より

Christian Science Sentinel 1961年 4 月 15日号


ある日、一人のキリスト教科学の生徒が電話をかけようとして、2度ほどダイヤルをまわしたのですが、受話器から何の音も聞こえてきませんでした。機械が故障しているのだと思って、同僚に知らせたところ、同僚は耳に受話器をあてると、「電話は故障していませんよ」と言いました。 3度目に試してみて、何も聞こえなかったとき、彼女ははっとしましたが、同僚には何も言いませんでした。一人になるとすぐ、キリスト教科学の実践士に電話をかけ、もう片方の耳で聞きました。

実践士は、キリスト教科学定期刊行物のある記事から、いくつかの文章を読んでくれました。その主な点は、音を聞くのは、「聞く耳」である、すなわち霊的真理に調子を合わせた耳である、ということでした。実践士はまた、耳は霊的理解に関わるということを、キリスト教科学は明らかにしていることを、彼女に思い起こさせてくれました。

彼女が、霊的に聞きたいという願いを育みながら、神の癒しのメッセージに耳を傾けていると、やがて彼女の聴力は正常に戻り、そのまま変わることはありませんでした。

この場合に癒しをもたらした霊的真理は、実は、普遍的に応用できるものなのです。Science and Health with Key to the Scriptures 『科学と健康ー付聖書の鍵』(p. 488)の中で、メリー・ベーカー・エディは、次のように書いています:「心のみが、機能、知覚力、理解力をすべて所有している」。また、同書の162ページには、「霊の侵されない機能は、物質の状態なしに存在し、またいわゆる物質的生存に関する偽った信念なしに存在する」、と書かれています。

人のすべての機能は、心、霊、からくるものですから、霊的であり、永遠に完全に機能しています。思考、記憶、視力、聴力は、有機的物質、あるいは体の構造とされている物質に、依存するものではありません。すべての機能は、「すべてを見る」、「すべてを知る」無限の心、永遠の生命によって、人に現されています。従って、人は、鈍感、混乱、忘れっぽさ、不完全な視力、不完全な聴力などを、現すことはできないのです。私たちが、これらの真理を、明確に理解すればするほど、またこれらの真理を完全に受け入れれば、受け入れるほど、私たちの現在の知覚力は、より鋭いものとなります。

魂の栄光と輝きは、すべてのものに光を当て、私たちがはっきりと見えるようにします。視力はまったく霊的なものですから、物質に助けられることも、また妨げられることもありません。人々は、来世においては、完全に見たり、聞いたりすることが、きっとできると思っています。それなら、なぜ、今、ここで、完全な心の機能を実証しないのでしょうか。天国は、どこか遠くにあるのではなく、神の国は私たちのただ中にあることを認識すると、完全性が具体的に現れることが促進されます。「すべてを見る」心、神は、常に現存することを実感すると、完全な視力の実証が可能となります。

真の音は、魂の知覚によって伝えられることを理解することが、聞くことを真に助けるのです。

人は、心の知性が様々の形に表現されているのを、反映しているのであることを知ると、限りない能力を現すことができ、思いもよらない可能性が開かれてきます。

わがまま、反抗心、あるいは強情な心が、機能を害する根元になっているのかもしれません。反抗心は、それが外に表されたものでも、内に隠されているものであっても、霊的真理、あるいは霊的法則に対する、抵抗なのです。これは、神がエゼキエルに、次のように告げたときに意味したことではないでしょうか:「人の子よ、あなたは反逆の家の中にいる。彼らは見る目があるが見ず、聞く耳があるが聞かず、彼らは反逆の家である」(12:2)。

難聴は、改心させられることを恐れて、聞きたくないのかもしれません。かすんだ目は、何か物質的なものを失うことを恐れて、霊的理念を見たくないのかもしれません。ぼうっとしたり、忘れっぽい意識は、生まれ変わること、また物質的な楽しみを失うことを恐れて、記憶したくないのかもしれません。

霊的に見たり、聞いたりしようと試みるだけでは、十分ではありません。私たちは、霊的に見たり、聞いたりすることを、心から願わなければなりません;私たちは、物質主義を捨て去ることを願わなければなりません。感覚は、絶えず使うことによって、あるいは時の経過によって鈍るのではなく、物質的な考えによって鈍るのです。年齢そのものではなく、自分の価値を正しく理解していないことによって、また年齢についての信念によって、しばしば人の視力が損なわれていることは、明白です。

神は、「すべてを見る」、「すべてを知る」、知性です。イエスは次のように言いました、「子は父のなさることを見てする以外に、自分からは何事もすることができない。父のなさることであればすべて、子もそのとおりにするのである」(ヨハネ 5:19)。完全なる神が、すべてのものを知り、すべてのものを見ています、これは、神がすることであり、人はそれらを反映するのみです。私たちが、完全な神と、この神の完全な理念である人とは、真に何を意味するのか、これを把握するに応じて、視力、聴力、記憶力、その他のどんな機能でも、損なわれたり、不完全であったりすることはなくなるでしょう。

不滅の機能を実証する方法が、キリスト教科学賛美歌144番の初めの2節に、非常によく表されています: 

神性の愛の雰囲気のなかで

私たちは、生き、動き、呼吸している;

人間の目には見えなくとも、

欺くのは、感覚なのだから。

 

人間の感覚は、破り捨てよ、

永遠の心の素晴らしさに

光を当てたいと願うなら、

においてこそ、感覚は消え去る。

The Mission of the Herald

In 1903, Mary Baker Eddy established The Herald of Christian Science. Its purpose: "to proclaim the universal activity and availability of Truth." The definition of "herald" as given in a dictionary, "forerunner—a messenger sent before to give notice of the approach of what is to follow," gives a special significance to the name Herald and moreover points to our obligation, the obligation of each one of us, to see that our Heralds fulfill their trust, a trust inseparable from the Christ and first announced by Jesus (Mark 16:15), "Go ye into all the world, and preach the gospel to every creature."

Mary Sands Lee, Christian Science Sentinel, July 7, 1956

Learn more about the Herald and its Mission.