Skip to main content Skip to search Skip to header Skip to footer

2018

無差別の自爆テロから、周到に準備された襲撃に至るまで、あらゆる種類の暴力に激しく揺さぶられ、今日、世界の国々は、テロの脅威に対処する答えを見出そうと懸命に努めています。 あいまいな差出人住所を使って身を守り、失うべき地位など持たないテロリストたちは、従来の封じ込め対策をいとも簡単にすり抜けていきます.

4時間の社交ダンスパーティーで、私は、大いに楽しみながらノンストップで2時間ほど踊り続け、そして最後にチャチャチャを踊っていたときだった。 突然、右顎がしびれ、すぐに、右腕から右足までしびれて、感覚が無くなってしまった.

ダビデとゴリアテの話は、いつの時代にも多くの聖書の読者たちを啓発し、力づけてきました。 この物語は、特に祈りによって癒しを求めている人に大変価値あるものですが、癒しにおいて勇気がどれほど大切であるかについて、多くのことを教えてくれるからです.

大学を出て間もなく、私はある道徳的な問題の決断に迫られていた。 特に事の善悪がはっきりしていないように思われて、自分はどうすべきか、答えを求めて苦闘していた.

ある日、一人のキリスト教科学の生徒が電話をかけようとして、2度ほどダイヤルをまわしたのですが、受話器から何の音も聞こえてきませんでした。 機械が故障しているのだと思って、同僚に知らせたところ、同僚は耳に受話器をあてると、「電話は故障していませんよ」と言いました.

神 の法則、つまり 神 の完全な宇宙の、調和ある秩序を維持しているもろもろの法則を、私たちは日々の生活の中で働かせなければならない。 これらの法則の実証は、当て推量によるものではない.

ここに記す癒しは、私の人生において最も重要な意味を持つ経験であった、そして、それはまるでほんの昨日起こったことのような気がするのである。 35年前の7月のある日の午後、 神 は私と共にいてくださった、そして、 神 は常に私と共にいてくださること、今なお、 神 の力と現存は、私の人生や生活のただ中にあることを感じている.

メリー・ベーカー・エディが、「聖書」と『科学と健康ー付聖書の鍵』を母教会の「牧師」に任命したとき、この2冊の本は、「当教会と世界のために説教をしつづける」という任務を担いました(『教会規範』 p. 58)。 近年、母教会では、多くの非英語圏における人々が、認定された母国語の聖書の存在を知り、購入することができるために、特に支援する必要が増大していることが分かりました.

『さきがけ』の使命

1903年に、メリー・ベーカー・エディは、『キリスト教科学さきがけ』を創刊しました。その目的は、「真理の普遍的活動と有用性を宣言する」ことでした。ある辞書によると、「さきがけ」の定義は「先発の使者」(先触れ、先駆け)ー 後に起こる事が近づいていることを告げるために先立って送られる者、使者」であり、『さきがけ』という名称に重要な意味を与えています。さらにまた、この定義は、私たちの義務を指し示しています。それは私たち一人一人に課せられた義務であって、私たちには、私たちの『さきがけ』がその責務を十分に果たしているか見届ける義務があるのです。この責務はキリストと不可分であって、まず初めに、イエスが、「全世界に出て行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えよ」(マルコ 16:15)と述べて、表明したものでした。

Mary Sands Lee (メリー・サンズ・リー)、Christian Science Sentinel, 1956年 7月 7日

『さきがけ』について、その使命について、もっと知る