Skip to main content Skip to search Skip to header Skip to footer

2009

私はオレゴン州ポートランドに住んでいるが、近くを流れるウィラメット川の土手には、背の高いポプラ並木がつづいている。 これら自然の番兵のように立ち並ぶ樹木は、冬になると葉を落としてしまうが、それでも、川向こうの夜の明かりをほとんど吸い込んでしまう.

何年か前、娘に子どもの雑誌を読んであげているとき、12月の行事について書かれている記事を見つけた。 その記事は、クリスマスは、一人の赤ちゃんの誕生を祝う日なのだと説明していた.

「ある夜、バーで独り酒を飲んでいたとき、自分は誰なのだろうかと、考え始めた… 」 私は子供のとき、 キリスト教科学 の日曜学校に時々通っていたが、大学4年の1969年まで、 キリスト教科学 を本気で学んではいなかった。 ある夏、職場で扱っていたプロパンガスが爆発して、大やけどを負ってしまった.

私たちは、毎日、母を寝室から居間に連れていき、そっと椅子に座らせていました。 時には日光浴のために外に連れていきました.

「娘を思う深い悲しみとともに、犯罪を犯した青年への嫌悪感を、私は抱きつづけていた…」 自分の娘に性的暴行を働いた犯人を許せるようになるまで、父親として、誰でもがたどるかもしれない厳しい道程を、想像してみてください。 しかし、私は「 真理 のもろ刃の剣」(『 科学 と健康』、p. 458)によって、驚くほど速やかに癒されました.

何年も前のある朝のこと、 当時、息子と2人の孫と一緒に住んでいたのですが、私は家の階段で、つまずき、転んでしまいました。 転んだとき、足がボキっといったのが聞こえ、それと同時に、ものすごい痛みを感じました.

最近、生態学者らが発表した研究によると、ある種の蝶は、赤蟻をだまして、自分の幼虫の世話をさせるという。 蝶の幼虫であるいも虫は、蟻の臭いと、女王蟻の出す音をまねる、すると間もなく、いも虫は巣に招き入れられ、王族のように丁重に扱われる.

私は、 自分が記憶力を失いつつあるのではないか、 と思いました。 5年ほど前 、 何も覚えていられないという状態になったのです.

私の人生は、 去年の夏、 始まったように思われます。 説明しますと、 2年ほど前から、 私は、 左の目の上に何かできものができていました.

聖書に、 友人たちの集っている様子を描写する5つの短い文による話がありますが、 それは非常に大きな 味を持っているのです。 そこにいたのは、 マリヤとマルタという姉妹と、 イエスでした (ルカ 10:38~42参照).

『さきがけ』の使命

1903年に、メリー・ベーカー・エディは、『キリスト教科学さきがけ』を創刊しました。その目的は、「真理の普遍的活動と有用性を宣言する」ことでした。ある辞書によると、「さきがけ」の定義は「先発の使者」(先触れ、先駆け)ー 後に起こる事が近づいていることを告げるために先立って送られる者、使者」であり、『さきがけ』という名称に重要な意味を与えています。さらにまた、この定義は、私たちの義務を指し示しています。それは私たち一人一人に課せられた義務であって、私たちには、私たちの『さきがけ』がその責務を十分に果たしているか見届ける義務があるのです。この責務はキリストと不可分であって、まず初めに、イエスが、「全世界に出て行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えよ」(マルコ 16:15)と述べて、表明したものでした。

Mary Sands Lee (メリー・サンズ・リー)、Christian Science Sentinel, 1956年 7月 7日

『さきがけ』について、その使命について、もっと知る