Skip to main content Skip to search Skip to header Skip to footer

2012

ねんねんよ、おころりよ、あなた(愛する子どもの名前)は天から支えられ、 無限の 愛 の腕のなかで、いつも安全に守られている、   人間のどんな誤りも、その高みからあなたを落とすことはできない、 神 が、みなの 父 -母 なのだから! この子守唄を初めて聞いたのはいつのことだったか、思い出せないが、いつしか私の大好きな、子供のための夜のお休み前のお祈りとなった。 私はこの歌を息子のために歌ったし、今はまた、息子の娘、私たちの初孫のために歌って聞かせている.

私がキリスト教科学について初めて公の場で話をしなければならなかった頃の一つの経験 を思い起します。 シカゴのある病院で、看護師グループに話をした時のことでした.

私たち夫婦が最初の子どもの誕生を待っていた1970年代のこと、私たちは、出産前の診断のため近くの医院に行きました。 血液検査の結果、私たちは、医者から私がRh陰性の血液型であると告げられました.

2年ほど前のある日、私はあごと右のこめかみに、絶え間なく不快感を感じ始めていた。 その夜はずっと祈り、少しは良くなったように感じたが、夜中を過ぎてもほんのわずかしか眠ることができなかった.

人間が年をとっていくという信念は、否定し難いものとしてほとんど普遍的に受け入れられているが、私たちは、こうした信念を鵜のみにすることも、その犠牲になって生きてゆく必要もないのである。 神 の創造による人は、不滅である、したがって、人には年齢が無い.

僕は今16才。 11才のとき、僕は大変な時期を過ごしていた.

The Christian Science Journal(ジャーナル誌)の 2011年11月号で、母教会の会員であることが、自分にとってどんな意味を持つかについて書いて欲しい、という記事を読んだとき、1960年代の初めに母教会から受けた電話の声が、耳元で聞こえてくるようだった。 今まで、それが何を意味するのか完全に理解していなかったのだが、その電話が私の霊的成長にとって極めて重要な基点となっていたのである.

時折、非凡な洞察力を持った人が現れる。 絶えざる集中力、勇気、根気強さにより、その人は、物事を達成するために、全く新しい、はるかに改良された方法を、人類に残すのである.

つい最近、石井竜也さんという日本の有名なシンガー・ソングライターを取材した番組を拝見しました。 彼は、一緒にプロジェクトに取り組むために、昨年地震と津波を経験した子供たちに会いに行きました.

スイスにあるCERN(欧州合同原子核研究機関)で行われている大型ハドロン衝突型加速器を用いた実験が、人々の関心を集めている。 科学者たちは、素粒子を超高速で衝突させることで、いわゆる宇宙の起源と同じ環境が再現できると期待している.

『さきがけ』の使命

1903年に、メリー・ベーカー・エディは、『キリスト教科学さきがけ』を創刊しました。その目的は、「真理の普遍的活動と有用性を宣言する」ことでした。ある辞書によると、「さきがけ」の定義は「先発の使者」(先触れ、先駆け)ー 後に起こる事が近づいていることを告げるために先立って送られる者、使者」であり、『さきがけ』という名称に重要な意味を与えています。さらにまた、この定義は、私たちの義務を指し示しています。それは私たち一人一人に課せられた義務であって、私たちには、私たちの『さきがけ』がその責務を十分に果たしているか見届ける義務があるのです。この責務はキリストと不可分であって、まず初めに、イエスが、「全世界に出て行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えよ」(マルコ 16:15)と述べて、表明したものでした。

Mary Sands Lee (メリー・サンズ・リー)、Christian Science Sentinel, 1956年 7月 7日

『さきがけ』について、その使命について、もっと知る