Skip to main content Skip to search Skip to header Skip to footer

2010

大学を卒業したとき、僕は知るべきことはすべて知っていると思った。 卒業証書を受け取ったとき、僕は、帽子を高く空に放り上げ、さあ、自分はこれから世界を制覇しに行くぞ,何物も、絶対に僕を止めることはできないと思った.

キリスト教科学の理事会のメンバーが、支教会会員や母教会会員の友と直接語り合うために、世界各国からの招待に応じて実際に世界各地を周る旅を開始してから、5年以上が経ちました。 これらの現地訪問をとおして、理事会は、国際的な教会である、キリスト教科学者の「家族」と共に手を取り合う機会を増しました.

異なる分野の学者たちが集まって、国際テロリズムの研究について話し合っていました。 私自身は、自分の地元の街の状況、そこにはびこる地域特有のテロについても、考えずにはいられませんでした.

キリスト教科学 の初級クラス指導で、 神 の属性、つまり 神 の本性を現す特質、を通して、私は 神 について学んだ。 それは、私の真の本性は 神 の映像であることを理解するために、非常に大きな助けとなった.

みどりの牧場、行く手にあれど、いまだ我に見えじ; やがて頭上に広がらん、輝ける空、暗き雲垂れ込めしも。 わが希望、計り知れず、わが道は自由なり; 父 なる 神 、わが宝を携え、我とともに歩まん.

この数週間を振り返ってみて、恐らく頭に浮かぶニュースの見出しは、BP、環境災害、ディープ・ウォーター・ホライゾン (海底掘削リグの名)、悲痛な思い、無力感などに関わるものではないでしょうか。 ハンス・ブリンカー (Hans Brinker) という名前については、どうでしょう.

神 の国には、見知らぬ人も、外国人も、不安なよそ者もいない。 ここでは、誰もが、 神 の国、すなわち、すべてを含む霊的領域の市民として、永久に安心してくつろげるのである.

2005年の夏、私は、大学教授として特に密度の高い、厳しい春学期を教えたあと、体調をくずしていることに気づきました。 体の中で何か全く平衡感覚を欠いているように感じたのです.

コネチカット州ハートフォードにあるトリニティ大学(Trinity College) が行なっている、社会の価値観について学ぶプログラムが調査を行ない、その結果が、『USニュース&ワールド・リポート』( US News & World Report ) 2009年3月16日号に発表されました。 それによると、今日のアメリカの宗教事情のなかで最も急速に増えているのが、「信仰を持たない人々」であるということでした.

「マルコによる福音書」の中で、さまざまな出来事が生き生きとダイナミックに、そして詳細に記述されているのを読んでいると、「ツロとシドンの境になる地方に行かれた」(7:24、英語欽定訳聖書より)とか、「デカポリス地方を通りぬけ、ガリラヤの海辺にこられた」(7:31) などという語句を、つい見過ごしてしまうかもしれない。 しかし、少し時間をかけてこの地方の地理を探索してみると、イエスの旅の記録について、より深い洞察を得ることができる.

『さきがけ』の使命

1903年に、メリー・ベーカー・エディは、『キリスト教科学さきがけ』を創刊しました。その目的は、「真理の普遍的活動と有用性を宣言する」ことでした。ある辞書によると、「さきがけ」の定義は「先発の使者」(先触れ、先駆け)ー 後に起こる事が近づいていることを告げるために先立って送られる者、使者」であり、『さきがけ』という名称に重要な意味を与えています。さらにまた、この定義は、私たちの義務を指し示しています。それは私たち一人一人に課せられた義務であって、私たちには、私たちの『さきがけ』がその責務を十分に果たしているか見届ける義務があるのです。この責務はキリストと不可分であって、まず初めに、イエスが、「全世界に出て行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えよ」(マルコ 16:15)と述べて、表明したものでした。

Mary Sands Lee (メリー・サンズ・リー)、Christian Science Sentinel, 1956年 7月 7日

『さきがけ』について、その使命について、もっと知る