Skip to main content Skip to search Skip to header Skip to footer

2020

つい最近私は、『キリスト教科学クオータリー』という冊子にそって、「 生命 」について、 キリスト教科学 の聖書教課を読んでいました。 キリスト教科学 において、「 生命 」とは、 神 のことを意味しています.

まだ外は真っ暗で、部屋の明かりをつける日の出前のことでした。 部屋の隅から突然、歌声が聞こえてきたのです.

メリー・ベーカー・エディが、 The Christian Science Monitor (クリスチャン・サイエンス・モニター紙)の創刊号の初刷りを手渡された日、1908年11月25日は、暗い霧の立ち込める日でした。 彼女の家の誰かが、その天気について話しました.

だれでも朝起きてまず、その日の外の様子を知るために天気予報を調べるのではないでしょうか。 天気予報は最善の気象科学に基づいて報じられますが、いつも正確であるとは限りません.

何年も前のこと、私は、露出した岩の上に高くそびえ立つケリバス城への狭い小道をやっとの思いで登りました。 それは、かつてスペインとの国境のフランス側に建てられた5つの要塞のひとつで、難攻不落の防御システムとなっていました.

これは、メリー・ベーカー・エディによる Miscellaneous Writings 1883–1896 『小品集1883-1896』の228-229ページにある“Contagion”「感染」という題の記事をボランティアが日本語に訳したものです。 読者が、メリー・ベーカ ー・エディにより発見されたキリスト教科学の記述の原文を読むことができるように、英文を翻訳文と同じページに記載しています.

「本日限り!インフルエンザ予防接種、無料!」 晩秋のそよ風にたなびくあざやかな旗には、十分な宣伝効果があるようです。 多くの車が、私の家の近くにある大きな薬局に入っていきました.

若いころからずっと、飛行機での旅行はわくわくさせられる冒険でした。 子供の頃、空港は大好きな遊び場でした.

人は 神 の律法の下に生きている。  人は 神 の法則に従って造られ、支配され、支持され、統御されている.

かなり昔のことですが、私は、約2年間の長期にわたり、病を患ったことがありました。 キリスト教科学(クリスチャン・サイエンス)を学び実践することで、祈りによる霊的な癒しをそれまでに、数多く経験していたので、その期間中も神に頼り、完全な癒しを期待することは、とても自然なことでした.

『さきがけ』の使命

1903年に、メリー・ベーカー・エディは、『キリスト教科学さきがけ』を創刊しました。その目的は、「真理の普遍的活動と有用性を宣言する」ことでした。ある辞書によると、「さきがけ」の定義は「先発の使者」(先触れ、先駆け)ー 後に起こる事が近づいていることを告げるために先立って送られる者、使者」であり、『さきがけ』という名称に重要な意味を与えています。さらにまた、この定義は、私たちの義務を指し示しています。それは私たち一人一人に課せられた義務であって、私たちには、私たちの『さきがけ』がその責務を十分に果たしているか見届ける義務があるのです。この責務はキリストと不可分であって、まず初めに、イエスが、「全世界に出て行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えよ」(マルコ 16:15)と述べて、表明したものでした。

Mary Sands Lee (メリー・サンズ・リー)、Christian Science Sentinel, 1956年 7月 7日

『さきがけ』について、その使命について、もっと知る