Skip to main content

感染

『キリスト教科学さきがけ』2020年04月10日号より

Miscellaneous Writings 『小品集』1883-1896  pp. 228-229


これは、メリー・ベーカー・エディによる Miscellaneous Writings 1883–1896『小品集1883-1896』の228-229ページにある“Contagion”「感染」という題の記事をボランティアが日本語に訳したものです。読者が、メリー・ベーカ ー・エディにより発見されたキリスト教科学の記述の原文を読むことができるように、英文を翻訳文と同じページに記載しています。キリスト教科学出版協会やキリスト教科学理事会は、この翻訳の見直しはしていません。

 この記事のPDFフォームをダウンロードするにはここをクリックしてくたさい。

 

日本語訳 © 2020 The Christian Science Board of Directors

『さきがけ』の使命

1903年に、メリー・ベーカー・エディは、『キリスト教科学さきがけ』を創刊しました。その目的は、「真理の普遍的活動と有用性を宣言する」ことでした。ある辞書によると、「さきがけ」の定義は「先発の使者」(先触れ、先駆け)ー 後に起こる事が近づいていることを告げるために先立って送られる者、使者」であり、『さきがけ』という名称に重要な意味を与えています。さらにまた、この定義は、私たちの義務を指し示しています。それは私たち一人一人に課せられた義務であって、私たちには、私たちの『さきがけ』がその責務を十分に果たしているか見届ける義務があるのです。この責務はキリストと不可分であって、まず初めに、イエスが、「全世界に出て行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えよ」(マルコ 16:15)と述べて、表明したものでした。

Mary Sands Lee (メリー・サンズ・リー)、Christian Science Sentinel, 1956年 7月 7日

『さきがけ』について、その使命について、もっと知る