Skip to main content Skip to search Skip to header Skip to footer

2016

「なんて退屈なのだろう」。 これが、私が20歳になって、 キリスト教科学 の日曜学校を卒業して、初めて支教会の日曜礼拝に出席したときの正直な感想だった.

「アラスカ:最後のフロンティア」という題のテレビ番組で、アラスカのキーナイ半島の美しい自然が映し出されていた。 幾世代も前にこの土地に入植して暮らしている家族の話で、彼らは、牛を飼い、野菜を育て、狩りや釣りをして、土地の産物だけに頼って生きる独自のライフスタイルを守っていた.

2015 年世界宗教会議が 10 月 15 日から 19 日まで、米国ユタ州ソルトレークシティにて開催された。 この世界規模の会議には、 およそ 50 の宗教の代表者 9,500 人が参加し、次のテーマについて考えを交えた:「我々人類の心を、取り戻そう:思いやり、平和、正義、そして持続性のある世界の構築のために、共に働こう」.

それは、僕の入っている地元野球チーム、3村リトルリーグの出た試合で、3イニングのときだった。 僕は、バッターボックスに入って、バットを振ろうと、かまえていた.

メリー・ベーカー・エディが日刊新聞の刊行に取り掛かるよう指示したとき 、 彼女は意味深い声明を出した。 この声明の中で述べられなかったこと、また述べられたことの双方に、注目すべきである.

私はかつて、一週間に2度つづけて癒しを経験し、また目撃した、これらの経験はいずれも、暗闇の中にあった人間の考えに、 神 、 真理 の光を照らしてくれた。 私の家族は、当時、エチオピアに住んでいた.

私は16歳という少年の頃、たばこを吸い始めた。 そして、学校が休みの間に、ビールも飲むようになっていた.

次のようなことがよく言われる、「私は、今、抱えている問題について祈らなければならないのですが、祈りに何を含めるべきか確信がありません。 基本的なことがすべて含まれているかどうか、どうしたら分かるでしょう?」 キリスト教科学 における祈り、つまり治療には、決して決まった公式があるのではなく、私たちは、 神 が祈りを導いてくださることを信頼しているのである.

『さきがけ』の使命

1903年に、メリー・ベーカー・エディは、『キリスト教科学さきがけ』を創刊しました。その目的は、「真理の普遍的活動と有用性を宣言する」ことでした。ある辞書によると、「さきがけ」の定義は「先発の使者」(先触れ、先駆け)ー 後に起こる事が近づいていることを告げるために先立って送られる者、使者」であり、『さきがけ』という名称に重要な意味を与えています。さらにまた、この定義は、私たちの義務を指し示しています。それは私たち一人一人に課せられた義務であって、私たちには、私たちの『さきがけ』がその責務を十分に果たしているか見届ける義務があるのです。この責務はキリストと不可分であって、まず初めに、イエスが、「全世界に出て行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えよ」(マルコ 16:15)と述べて、表明したものでした。

Mary Sands Lee (メリー・サンズ・リー)、Christian Science Sentinel, 1956年 7月 7日

『さきがけ』について、その使命について、もっと知る