Skip to main content Skip to search Skip to header Skip to footer

2014

私が キリスト教科学 と出会ったのは、最初の子供を妊娠して3ヶ月目のときでした。 婦人科に検診に行った際、医師は主人と私に、子どもは身体に障害をもって生まれてくるだろうと告げました.

ドイツその他ヨーロッパ各地で甚大な被害を及ぼした洪水についての記事を読みながら、私は、マルチン・ルターの賛美歌の言葉を思い起こさずにはいられなかった。 それは次のように始まる: 神 は我らの強き砦、その防壁は決して崩れず、 神 は我らの助け、人間を襲う不幸の洪水のただ中で、すべてを支配する.

何年か前、大きな地震がメキシコ市を襲った。 驚いたことに、倒壊した中央病院の瓦礫の下で、多くの新生児たちが、救助隊が到着するまで幾日ものあいだ、生きのびていたのである(1985年10月16日付、 New York Times 紙参照).

私は37年間、機械工として働いてきた。 この10年間働いてきた会社は、毎年、従業員すべてに健康診断を受けることを義務付けており、それにはX線検査も含まれていた.

私が キリスト教科学 の公認の実践士となって間もないころ、ロサンゼルスの刑務所を訪問牧師として訪れていたのですが、近くにマクドナルドのお店があって、刑務所で教会礼拝を行う前に、ちょっと軽食をとるには好都合のところでした。 そしてまた、暴力的犯罪が横行しているこの地域で、唯一の軽食レストランでした.

冬季オリンピック男子フィギュアスケートの金メダリスト、羽生結弦は、東北地方の出身で、3年前、2011年3月11日に発生した地震と津波の災害に遭遇していた。 被害は甚大で、大勢の人が避難所で苦しい日々を送るなか、彼自身は、自分がスケートなどしていてよいのか、オリンピックに挑戦する念願を断念すべきではないのか、と思い悩んだ.

日本語による講演会は、今のところ予定されていません divider ここをクリックして、開催予定の講演会のより詳細なリストをご覧くだい:  http://christianscience. com/member-resources/for-churches/lectures/find-lectures-near-you ここをクリックして、オンライン講演をお聞きください:  christianscience.

『さきがけ』の使命

1903年に、メリー・ベーカー・エディは、『キリスト教科学さきがけ』を創刊しました。その目的は、「真理の普遍的活動と有用性を宣言する」ことでした。ある辞書によると、「さきがけ」の定義は「先発の使者」(先触れ、先駆け)ー 後に起こる事が近づいていることを告げるために先立って送られる者、使者」であり、『さきがけ』という名称に重要な意味を与えています。さらにまた、この定義は、私たちの義務を指し示しています。それは私たち一人一人に課せられた義務であって、私たちには、私たちの『さきがけ』がその責務を十分に果たしているか見届ける義務があるのです。この責務はキリストと不可分であって、まず初めに、イエスが、「全世界に出て行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えよ」(マルコ 16:15)と述べて、表明したものでした。

Mary Sands Lee (メリー・サンズ・リー)、Christian Science Sentinel, 1956年 7月 7日

『さきがけ』について、その使命について、もっと知る