Skip to main content

天使

『キリスト教科学さきがけ』2019年03月20日号より

Miscellaneous Writings、『小品集』1883-1896, 


天使たちが私たちを訪れるとき、私たちは羽ばたきの音を耳にしたり、鳩の胸の羽毛に触れたように感じたりはしません;しかし、私たちは、天使たちが私たちの心の中に造り出す愛によって、その存在を知るのです。どうかあなたも、この感触を得ることができますように、 ー それは、手を握り合うことでも、愛する人が側にいることでもありません;それ以上のものです:それは、あなたの道を照らす霊的な考えです! 詩篇の作者は、「があなたを天使たちに守らせられる」、と言っています。は、あなたにの霊的な理念を与え、その理念があなたに、日々必要なものを供給するのです。決して、明日のために求めてはなりません:神性のが、常に現存する助けであり、これで充分です;そしてもしも、あなたが決して疑うことなく待つならば、あなたはその時その時に必要とするものすべてを得るでしょう。遍在するを理解することにより、私たちは何と輝かしい遺産を与えられていることでしょう! 無限に与えられているのですから、それ以上を、私たちは求めることはできません:それ以上を、望むことはありません:それ以上に、持つこともできません。このすばらしい確信は、人間のあらゆる恐れ、あらゆる種類の苦悩に対して、「静まれ、平安あれ」と言うのです。

メリー·ベーカー·エディ

Miscellaneous Writings, 『小品集』1883-1896, pp. 306-307 by Mary Baker Eddy.

2002  The Christian Science Board of Directors
2011  The Christian Science Publishing Society

『さきがけ』の使命

1903年に、メリー・ベーカー・エディは、『キリスト教科学さきがけ』を創刊しました。その目的は、「真理の普遍的活動と有用性を宣言する」ことでした。ある辞書によると、「さきがけ」の定義は「先発の使者」(先触れ、先駆け)ー 後に起こる事が近づいていることを告げるために先立って送られる者、使者」であり、『さきがけ』という名称に重要な意味を与えています。さらにまた、この定義は、私たちの義務を指し示しています。それは私たち一人一人に課せられた義務であって、私たちには、私たちの『さきがけ』がその責務を十分に果たしているか見届ける義務があるのです。この責務はキリストと不可分であって、まず初めに、イエスが、「全世界に出て行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えよ」(マルコ 16:15)と述べて、表明したものでした。

Mary Sands Lee (メリー・サンズ・リー)、Christian Science Sentinel, 1956年 7月 7日

『さきがけ』について、その使命について、もっと知る